修繕積立金の値上げか?!

日曜日、マンション管理組合のミーティングがありました。

私たちのマンションも築10年目を迎え、

そろそろ1回目の大規模修繕が議題に上り始めました。

そして、問題点は1つ。

積立金の不足。

mannsyon0213_2016.jpg

管理会社の説明によると国交省の基準が変わり、

マンションの長期修繕計画は、30年を区切りに、

15年単位くらいで計画するように通達されているようです。

入居時に20年を目途に想定されていた修繕工事が、

5年も前倒しとなったわけです。

当然、積立金も足りません!

さらに、30年先まで考えて積立金が破綻しないように

シュミレーションすると「ごっついお金かかるやん!」てことに。



管理会社のシュミレーションだと、

月額1万円プラス になるとか!?

まじですか・・。

住民のみなさんからため息が・・。



シュミレーションの根拠となる概算工事費が高すぎるのでは?

と質問しましたが、正式に業者に見積依頼していないので、

どうしても概算値でしかシュミレーションできないとか・・。

そんなあいまいな数字を根拠に、月1万円上乗せされるのもどうだろう・・・。

他の住民の皆さんも不安そうだったなぁ~。




次回、もう少し精度の高いシュミレーションが出るらしいので、

継続審議となるみたいです。




これを機会に、私も、マンション修繕について、勉強しなくてはと思ってます!!










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する