「大人な家」シリーズ全景2。

「大人な家」のアンティークバージョンです。

モデル2棟のうち日当たり抜群の1棟を

ダークなアンティーク風インテリアに。

上質感のあるウォールナットの無垢材を使って仕上げました。

もう1棟は、日当たりをカバーするため、

白木調の和モダンテイストで仕上げました。




s-XR4I4764.jpg


天井の化粧梁と羽目板は、ダーク色に塗装してもらいました。

ウォールナット無垢材は幅広タイプ。 でいい感じです。


s-XR4I4808.jpg


手前の高天井のスペースはダイニングです。

ハイサイドライトから光が差し込んできて、いい感じです。

テーブルをくっつける壁側には、ニッチをしつらえ、

小物や雑貨を飾っていただけるようにしました。


s-XR4I4776.jpg


対面キッチン側には、ファミリーカウンター。

簡単な食事のとき、お子様の宿題のときに便利ですよね。


s-XR4I4788.jpg


キッチンの床は、タイル貼りにしました。

これで、水はねや油汚れも気になりません。


s-XR4I4796.jpg


ダイニングスペースに連続する和室です。

障子枠もウォールナット色に塗装しました。

吊収納の下は、定番のギャラリースペース。


s-XR4I4834.jpg


障子3枚は引き込みです。

全開するとダイニングと一体に、

閉めきると落ち着いた和室空間になります。

隣地との空きが少ない部分は地窓にして、

そこから、ちょっとした緑が眺められるように考えています。





「キッチンから暮らしを考える」


最近は、キッチンを中心とした間取りが

増えてきたように感じます。

いままでは「一番日当たりが良い場所にリビングを配置して・・」

という考え方でしたが、最近ではキッチンが家族の団欒場所として

ポジションを確立しつつあるようです。


〇キッチンが日当たりのよい場所に

〇キッチンからミセスヤードに出られる

〇対面キッチン前にはファミリーカウンター

〇キッチン横に洗面所や家事室

〇キッチンにはパントリーがある



間取りもどんどん進化していると感じる今日この頃です。

新しい提案をドンドン考えていきたいと思います!!

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する