美術館に行きたくなる本。

お友達が貸してくれた「楽園のカンヴァス」をよんでみました。

後半、筋書きがちょっと読めてしまう感もありましたが、

私は絵や美術が結構好きなので、楽しく読めました。


楽園のカンヴァス

新品価格
¥1,680から
(2013/8/31 11:20時点)




作者がキュレーターをされていたことがあるそうで、

美術館の内部事情や絵に関する知識がてんこもりでした。

aburae0303_2016.jpg

作中に、ピカソやマネやモネやルノアールなど、

聞いたことがある名前がいっぱい出てくるんですが、

肝心の絵の名前が出てきても「どんな絵だったっけ?」って感じ・・。(笑)

せめて、挿絵があれば「あぁ~、あの有名な!」って思えるんでしょうが・・、

ここは、やっぱり、あえての「挿絵は無し」ですかね・・?

「興味が沸いたら自分で調べて、美術館に行って見てね」

・・ということでしょうか。

知的好奇心が刺激される1冊でした!


 




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する