ゴリゴリで行こう!

green0729_2013_2.jpg
<今朝の朝顔>


週末は大学の同級生と飲み会でした。

皆同じ建設業界で働いているので、

すごく話しが盛り上がります。

「業界あるある話」に始まり、さらに、年齢も手伝って、

「最近の若者は・・」でおばちゃんトーク炸裂です。(笑)

(この話題が出ると、歳とってる証拠ですね・笑)




面白かったのはマンションに住んでいるHちゃんの話。

そろそろ長期修繕計画の話合いが始まったそうで、

ある時、管理会社が見積もり書を提出してきたそうです。

ただ、その見積もり金額がザルすぎて、話にならないというものでした。


「うん、分かる、分かる。」 

「ウチのマンションの管理会社もそうなのよ~。」

「ツメが甘いまま管理組合に投げかけるんだよね~。」


私のマンション役員は素人ぞろいなので、

的を得た質問もでませんが、Hちゃんのご主人は違います。

5本指に入る大手建設会社の設計部勤務のバリバリの設計マン!

見積もり査定なんて、日常茶飯事、お茶の子さいさい。


「君!(管理会社の担当へ) 何やってんの?!」

「こんなザルみたいな見積書じゃ話にならない!」

「0ベースからやり直し!」


と部下に指示するかとの如く、一刀両断したとか!

「ひゃ~、カッコイイ!」

「私もそんな風に言ってみたいわ~。」

この逸話から、Hちゃんのご主人は、

「ゴリゴリ」(ゴリ押し上手)と呼ばれているそうです。(笑)





ゴリゴリ夫人の話は、さらに続き、

自転車事故の話に・・・。

ちょっと前に自転車走行中、

わき道から飛び出してきた高校生の自転車と接触!

転倒してしまったそうです。

高校生はヒラリと身をかわし、無傷。

ゴリゴリ夫人は、年のせいで その場で自転車ごと転倒。

派手に擦り傷をこさえたそうです。(軽症でヨカッタ)

通行人が警察を呼んてくれて、その場で事故処理が行われ、

過失割合などが言い渡されたそうです。


その後、いろいろ相手側ともめたそうですが、

警察の事故報告が出ていたことと、

すばらしいことに両者とも「自転車保険に加入していた」ので、

保険屋さんがうまく交渉してくれたそうです。

最近多い自転車事故。


やっぱり自転車保険は必要ですね。

我が家では火災保険のオプションの「個人賠償保険」を追加しました。

自転車事故だけでなくいろんな物損などに対応しています。

年間数千円で何回でも保障してくれて、同居家族も適応です。

皆さんもぜひお考えくださいね。



いや~、楽しい話、ためになる話、

いろんな話ができて、楽しかったデス!

また集まりたいな!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する