NOYES大阪ショールームで聞いた「ソファー選びのコツ」

noyes_oosaka0304_2016_1.jpg
<NOYESのホームページより>

noyes_oosaka0304_2016_3.jpg noyes_oosaka0304_2016_2.jpg
<選べる生地がこんなにたくさん><脚の高さは3種類あります>



昨日は、ソファー専門店NOYESの大阪ショールームに行ってきました。

我が家のソファーを買ったお店。

ついに大阪SRができたんです!

先週の土日がグランドオープンだったのですが、

すごい来場者数だったみたいですよ。(・・とブログに書いてありました)



私はショールームに行くときは、

できるだけ土日を避けて訪問するようにしています。

お客様と同行する場合は別ですが、

一人でのんびりSRめぐりをするときは、お店のスタッフさんと

ゆっくりお話ができるように平日の空いている時間帯を狙います。



昨日は雨にせいか、来場者も少なかったです。

スタッフさんから最新ソファーの説明や

ソファーの要「ウレタンの種類など」について、

いろいろじっくり聞くことができました。

NOYESで扱うウレタンの種類は、かなり多いそうで、

ソファーのスタイルによって使い分けさえているそうです。

以下は、展示してあるソファーにすべて座らせてもらい、

座り心地を試してみた個人的な感想です。



*   *   *   *   *   *   *

・座面は広めがいい。
 狭いとベンチっぽくなりますし、昼寝がしにくいので。
 広めだと男の人もゆったり座れてくつろげます。

・座面高は、脚の部品を3種類くらいから選べます。
 健康な人には、高さ300mmがお勧め。 
 なんといっても、お部屋が広くみえます!
 ですが、私みたいに膝を痛めた人には、高さ450mmがお勧め。(笑)
 立ち上がるときに楽です。 
 ちなみに、脚の部品は有料で交換可能です。
 (私も交換しようかと思った。笑)

・座面のウレタンは、やや硬いくらいがよい。
 硬すぎると長時間座っていると疲れます。
 柔らかすぎても、腰が沈み込み、しんどい体勢に。
 座ったときに少し沈みこみ、体を受け止めてくれる「やや硬」がお勧め。
 我が家のソファーは古い型なので、ウレタンの種類も今ほど多くなかったとか。
 ハードタイプは、長時間座るとちょっと疲れることがあります。

・背もたれには、羽毛クッションがついているといい。
 見た目がゴージャス!というデザイン性にプラスして、
 背骨をやわらかく受け止めてくれるのが心地イイです。
 我が家には、ウレタン製と羽毛製クッションがありますが、
 ウレタンは少し硬いかな・・個人的には羽毛に1票です!

・背もたれは、低めのほうがお勧め。
 壁にくっつけて置かない場合は、特に圧迫感がなくてお勧めです!
 壁にくっつける場合は、ハイバックだと首を支えてくれるのでいいですね。

・生地はたくさんの種類から選べる
 すごくたくさんの生地があります。
 予算や内装材とうまくコーディネートしたいですね。


*   *   *   *   *   *   *



我が家にあるソファーは7年くらい前に購入したのですが、

最新ソファーはかなり進化している印象を受けました。

新作の北欧柄の生地もありました。

パステル調のピンクやブルーなど。

う~ん、かなりポップな色使い。(笑)

売れ筋はやっぱりべージュやこげ茶系みたいですね。



ショールームの外には、ウッドデッキがあって、

お天気がよい日には、ソファーを外に出して、

アウトドアリビングを演出されているそうです!

noyes0621_2013_2.jpg

いいね いいね



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: 家具

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する