迷い鳥。

今日は暑いくらいの良いお天気でしたね。

そんな素敵な日に部屋にこもって、

図面訂正に追われていました午後3時頃。

書斎前の窓が「ドン」って振動しました。

「何かぶつかった~」とびっくりして外を見たら、

窓の外に白い鳥(インコ?文鳥?)が留まってました。

bird0607_2013_2.jpg

bird0607_2013_4.jpg

bird0607_2013_1.jpg

「おぉ!私のお庭にかわいいお客様だわ~」

と眺めていたのですが、どうも様子が変・・・?

最初はクレマチスの誘引に使っている針金に留まっていたのですが、

針金ががツルツルすべるらしく、落っこちてしまいました。

最終的には、サッシの水切りに乗っかって、

作業中の私の方をじぃって見つめるんです。(笑)



「なかに、入・れ・て・」って感じに。(笑)

「あぁ、飼われてた鳥なんだなぁ。」と私も察しました。(笑)



室内には入れてあげられないので、

とりあえず、私のビールのお供(ナッツ)を細かく砕いて

お皿に入れて、ベランダにもっていったんです。



見知らぬ人間に驚いて逃げるかなと思いきや、

ナッツを差し出した私の手のひらに乗ってきました。

ふ~む、どうやら、「手乗り」らしい。。。(笑)

しかも、だいぶ懐っこい。

でも、ウチでは飼えないし、

ここまで人慣れしているから

どこかの家で長いこと飼われていたに違いない。

飼い主を探すためにも、警察に届けることに!

警察に電話して事情を話すと、「持って来い」って・・。

取りにきてほしかったけど、

ヘビやワニじゃないと出動してくれないらしい。(あたりまえか)



大きめのタッパーに、鳥を入れて、

ビニールで蓋をして、空気孔を空けて、

テクテク歩いて、最寄の警察署へ。



警察では、「あぁ、さっきの電話の!」

「鳥かご、鳥かご~」って感じで慣れたことのようでした。

2週間しか預かってくれないそうです。

早く、ピーちゃん(勝手に命名)の飼い主さんが見つかりますように。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する