モデルハウス紹介。「外観・街並み」

街並みは、こんな感じになりました。


〇外装材を統一

〇外構アイテム(立水栓や植木)を統一

〇建物のデザインコードを統一(窓やバルコニー周り)


上記のような工夫をした結果、

落ち着いた雰囲気のすっきりした街並みになりました。



今回、外壁のサイディングは2種類(各3色×4色)に絞りこみました。

組み合わせパターンとしては、12タイプが可能。

10宅地の分譲地なので、いい選択だなと思いました。

yasuda_facade0601_2013_3.jpg

yasuda_facade0601_2013_1.jpg

デザインコードにもなっている「バルコニーのフレーム」は、

洗濯物をそこはかとなく隠す目的と

アクリルの屋根をフレーム内にインセットするためのものです。

つまり、このフレームがないと・・。


〇アクリルの物干し屋根が丸見え

〇洗濯モノが丸見え

〇生活感がダダもれの外観

〇新興住宅地がちょっとイケてない街並みになる




yasuda_facade0601_2013_2.jpg

パタパタ~と真っ赤な「オープンハウス中」の旗が目立ってますね。(笑)

家具が設置されなかったモデル内部ですが、

どうやら家具を置くことになりそうです。

家具があるのとないのとでは、モデルのワクワク感じが

全然違いますから、楽しみです♪

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する