家具いろいろ。

最近、オーダー家具屋さんといろいろ打ち合わせしてます。

先日、「イケアの家具ってどう思います?」って聞かれました。


そうですねぇ~、
デザイン的にはかなり考えられていますし、
バリエーションも幅広い、
そして、なんといっても値段が安い!

kagu_catalog0411_2012_1.jpg

私も、自宅で使ってみたいなと狙っている家具アイテムが
いくつかあります。

でも、「家具にもTPOがあります」から、
お家の中、どこもかしこもイケア家具ってわけにはいかないでしょう。

いろんな方のブログを拝見すると、造りが雑な部分も目に付くとか。。
子供用の家具だから、一時利用だから、納戸用だから、
と割り切って使っている方も多いみたいです。

個人的な意見としては、子供室や個室などは、
イケアの家具でもいいのではないでしょうか。
なんといっても安いですからね!


でも、リビングなどは、イケア家具以外の選択肢もあるかと思います。

たとえば、
kagu_catalog0411_2012_2.jpg
国産家具メーカーのカタログ。
オークの柾目とシルバーのアクセントがモダンでいい感じです。

家具選びは、他の家具や内装との調和がポイント。
「引き」でお部屋全体を眺めた時、
統一感(まとまり感)を持たせるのが大切ですね!

kagu_catalog0411_2012_3.jpg

イタリアの家具メーカーのカタログ。
色使いやデザインが斬新ですね。
デザインを参考にさせてもらうことも多いです。

カタログから既製品をチョイスするのもいいですが、
オーダー家具屋さんで、
ちょっと奮発して長く使える一品を製作してもらうのも、
長い目でみるとお得だと思います。

材質やデザインを自由に選べるので、
自分だけのオンリーワン家具が出来上がります。

我が家も、チェリーの無垢材でキャビネットを作ってもらいました。
収納するモノにあわせて、サイズや扉の開き方式もいろいろ工夫して、
満足するものができあがりました。

こだわった分だけ、値段の分だけ、
「大切につかわなくちゃ。」と愛着が沸くから不思議です。



奥深い家具の世界ですが、
一般的には、新居にお引越し後に、
お客様がご自分たちだけで、
家具を買いにいくことが多いですよね。

でも、照明やカーテン、壁紙、床の色と合わせて、
建設中から家具も一緒にコーディネートしておくと、
壁の下地補強や照明やコンセントなどの電気配線など、
後々困ることが少なくなると思います。

是非、家具も建物と一緒に、同時進行で考えてほしいものです。






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: 家具

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する