施主検査。

土曜日は施主検査でした。

施主さまと一緒に、あちこちチェックしていきました。
検査も終わり、お茶を飲みながら、
施主様、現場監督、営業さんたちと
いろいろおしゃべりしました。

施主さまには、以前のお家より明るくなったと喜んでいただきました。
こういう一言をいただくのが、
めちゃくちゃ嬉しいんです!

私は、現場監督のご苦労をねぎらい、
監督は、すばらしい設計があってこそと互いにほめ殺し・・・。(笑)
苦笑いの瞬間です。

監督さんは、施主さまに追加費用などが発生しないように
コスト調整やスケジュール管理が大変だったと思います。
私のほうは、予算内で、できるだけお洒落に快適に暮らしてもらえるように
ディテールやちょっとした部品にこだわり、
ご提案させていただきました。

施主様のご理解もあり、素敵なお家になりました。


tategu11_0819_2011.jpg
tategu12_0819_2011.jpg


たとえば、写真の建具、
既製品を使えば悩むことがない部分ですが、
ハイドア(H=2400)でパイン材で作ってもらいました。
床材と素材と色を合わせた特注です。
引き手は、枠に溝を掘ってもらっています。
引きでみると分からないでしょう?
スッキリデザインを目指しました。

上から下までの溝なので、大人から子供、
車椅子の方にも使いやすいユニバーサルデザインです。

しかも、この建具、左側の壁の中に引き込まれます。
お掃除や故障時のメンテナンスを考慮して、
枠の一部が脱着式にしてあり、点検口が設けてあります。
監督がいろいろ工夫してくださいました。

家作りはやっぱりチームワークなんだなぁと
感じます。

そして、これもそれも、いろいろな提案を受け入れてくださった
施主様のご理解があってこそだと思うのですね。
一期一会といいますが、この出会いに感謝、感謝の一日でした。

来月初旬にはお引渡しです。
新しい家具の搬入を待って、
カメラマンさんに竣工写真を撮っていただきます。

外構もかっこいい和モダンになっているので、
またご紹介したいと思います!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する