漫画家先生のアトリエリフォーム1。

11月上旬。

某有名漫画家先生のアトリエ・リフォーム工事。

お仕事が忙しくなる春に向けて、

アトリエを使いやすくリフォームしておきたいとのことでした。

現在使われていない3階に作業スペースを整え、

2階は応接として利用されたいとのご希望でした。

アシスタントさんの人数が増えても対応できるように、

個別の机はやめて、長いカウンター形式ではいかがですかと

提案させていただきました。

先生にOKを頂き、その方向で図面にとりかかりました。




長い集成材カウンター。

正面の壁には、コルクボード。(原稿やメモをはりつける)

上部には、原稿を置くための棚。

資料や文房具、雑貨が収納できる「収納BOX」(可動で間仕切り兼用)

などをご提案させていただきました。(下 写真)

zumen.jpg




提案図面を先生にご説明しながら、カウンターの高さ、奥行き、

棚の高さなどを詳細に検討していきました。

「原稿(B4)がきちんと載せられる?」

「枕棚が低すぎて圧迫感がないか?」などなど。

さらに、描画作業カウンターとは別に、PC用カウンターも必要とわかり、

周辺機器や配線を考慮し、再提案となりました。

打ち合わせの内容もだんだん具体的になってきて、

出来上がりがイメージできてくるとワクワクしてきます。









関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する