人気のまどり。

今週は雨ばかりで、すごく寒いですね。
まどりを考えていると、あまりの寒さに、
図面の中に勝手に「暖炉」とか描き込んでしまいそうです。(笑)



今日は、間取りについてひとこと。

先日、建築のメールマガジンで、「住宅メーカーの売れ筋の間取りはコレだ!」みたいな記事が
配信されてきました。
へぇ~、どんなだろうと見てみると、なるほどと思うところもあったりして・・。

まず、とてもコンパクトでリーズナブルな価格になるように設定されています。
売れ筋ということは、まず、手の届く価格設定ですよね。
そのためには、総二階建てで、出っ張りの少ない四角形を基本としてます。
内部の間取りは、水周りの動線や収納は「ある程度」考慮されているかなぁ・・・って感じでした。
リビング階段があり、すごく小さいけど吹き抜けを確保したりして、
見せ場も用意してある。 
なるほど、マーケティングの成果かな・・という感じ。
万人受けはしそうだけど、こだわりの家に住みたい人には、
ちょっと物足りない気がしました。


ところで、メーカーさんが何百通りの間取りを考えても、人気のあるまどりは限られるそうですね。

実は、わたしも、そう思います。
分譲住宅やモデルハウスのお仕事をさせていただいているうちに、
奥様方の家に対する「こだわりポイント」がわかるようになってきました。
私のリサーチによると、こんなお家はポイントが高いです。

まずは、動線計画と収納計画。
回遊動線上に収納を配置すると、とても便利で喜ばれます。
水周りはできるだけ固めて、廊下は極力減らします。
さらに、LDだけでなく、キッチンを南側の日当たりの良い場所に配置すると、
奥様のハートをわしづかみです(笑)。
家族で過ごす空間は、建具の開閉でワンルームにできるようにしておくのも重要です。

2階は、将来は2部屋に分割できる子供部屋と主寝室と納戸があればOK。
そして、共働きのご夫婦には、屋根付の広いバルコニーが必要です。


これらはほんとに基本中の基本ですが、
これを実際の敷地や近隣住宅の状況にあわせて、
説得力あるプランニングに落とし込むところに、
私たちのセンスが問われてきます。

「こだわりポイント」をおさえながら、お客様の暮らしのイメージを広げて、
ちょっとしたデザイナーズハウス風にアレンジするのが、
私たちのお仕事だと思っています。

「暮らしの基本」+「センス」が大切ですよね!


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する