モデルハウスで設計相談会2。

モデルハウスの2階のファミリースペースと子ども部屋をご紹介。

shimamami1.jpg

子ども部屋は、ワンルームで、将来2室に分割できるようになっています。
梁が一部化粧梁となっているので、上吊りの建具なら、後から簡単に取り付けられます。
そして、子ども部屋の窓が、一部、写真のようなハイサイドライトになっています。
これは、壁面を多く残して、お子様たちに自由に模様替えを楽しんでもらうという狙いなんです。
(「頭がよくなる」とか「発想力の豊かな子になる」ということですな。笑)
模様替えのためには、勉強机や本棚などの家具を自由に配置できる「壁面」がある程度必要になります。
ですから、今回はクロゼットなども作りつけていません。
まったくのワンルームです!
風が通る南北方向は腰窓を残し、西面は思い切ってハイサイドライトのみに。
4間の壁面を確保。 すごく明るいです。 
窓は上にあるほど明るいですが、高窓くんいい仕事してくれているなという感じ。(笑)
都心部でお隣の家がせまっているケースでは、使えるアイデアかなと思います。


shimanami4.jpg  shimamami2.jpg 

shimamami3.jpg

吹き抜けに面したファミリーカウンター。
ちょっと大きくなった子どもさんは、ここでパパと一緒にお勉強をしてほしい。
南に面していて、とても明るいです。
すぐ左手にはバルコニーに出られるドアがあって、
取り入れた洗濯モノにアイロン掛けなどもできて便利なんです。

子ども部屋の横には、本棚とごろごろしながら遊べる畳コーナーがあります。
さきほどのファミリーカウンターとあわせて、
図書室のような雰囲気を作りたかったんです。
そして、このコーナー、来場者にすごく人気だったそうです。(営業マン情報)
奥様は、「洗濯を畳めるスペースがほしかった。」とおっしゃるし、
ご主人様は、「書斎がほしかった。」と、
そして、お子様たちはきゃーきゃー言いながら、走りまわってました。(笑)

本棚収納は、階段手摺にそってL字に配置してあります。
A4の雑誌が入る奥行きを確保しました。
N監督が苦労して納めてくださったそうです。 ありがとうございます♪
収納の一部は扉付きにしてあって、アイロンや掃除機を収納できるようにしました。
(カウンターの後ろ側)

このカウンターコーナーと和室コーナーですが、2階ホールをものすごーく
広く見せてくれることが分かりました。
目線がかなり飛ぶんです。 いい感じです。
階段を上がってこられたお客様が「あっ、広~い♪」って喜んでくださるのが
嬉しかったです。

shimanami5.jpgshimanami15.jpg
 
主寝室は、ベットヘッドの壁だけ色を変えてみました。 
ほんとは、珪藻土タイルなどを貼りたかったけど、予算が・・・というわけで、
クロスの貼り分けで対応しました。 皆様も、ローコスト住宅ではお薦めの手法です。
家具との相性もすごく良かったです。カーテンは壁にあわせた淡いグレーです。 
柔らかい雰囲気で、落ち着きます。
この寝室の南側は4.5帖くらいのルーフテラスが連続していて、すごく眺めがいいんです。
テラスの床にウッドデッキを敷くと、一層気持ちのよいお部屋になりそう。
今回のモデルハウスで、実は一番気に入っているお部屋です。

次回は、収納のご紹介。



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する