FC2ブログ

ガーデングッズは30cm以下と木材がイイ!

週末、またしても、大型台風24号が近畿を通過していきました。

21号の暴風の恐怖が記憶に新しいので、

台風通過後に、せっかくセッティングし直していたガーデングッズを

またまた解体して、隅の方に平置きにし、台風に備えました。

有難いことに、前回ほどの暴風雨ではなかったので、

なんとかやりすごせました。

今年はホントに大きな自然災害が多く、ため息がでますね。




台風一過の今朝は、朝からベランダの掃除と整理です。

台風に備えて、いろいろ整理していたとき、

思い切って捨てようと 思ったものがいくつかありました。

なんとなく、「いつか使うだろう」・・・と

よくあるパターンで溜めこんでいたモノを処分することにしました。




例えば、小さな植木鉢。 

鉢植えを買った時についてくるヤツですね。(笑)

あと、玉砂利とか、DIYで使った材木の端材。

家庭菜園で使っていたトレリス。

などなど。




大型のモノは普通ゴミでは捨てられないので、

粗大ごみセンターへ電話しました。

な、なんと、捨てるのに1000円もかかる~。(泣)







今年の地震と2回の大型台風で、ベランダグッズについて、

教訓になったことがあります。




ガーデングッズは、

台風の時、分解・解体できるものがよいです。

風にあおられて飛ばされたりしないように、

分解して、見付面積をなるべく小さくなるようにしておく!

そして、窓の無い壁際にまとめて置くのがベストかなと思います。





もし、ガーデングッズが破損して処分しなくてはならないときに、

普通ゴミとして捨てられるサイズのものがよい!

例えば、ベランダに敷くジョイント式タイルは、300角サイズが多いですね。

大阪市の場合、30cm以内のこれらのタイルは普通ゴミで捨てられます。





それから、ウッドデッキ。

ウッドデッキは、長いものになると粗大ごみ扱いになります。

ただし、木材の場合は、手間はかかりますが、

のこぎりで30cm以下にカットすると普通ゴミで捨てられます。

わたしは、経費節減のため、ちょこちょこノコギリで切って捨てています。

ただ、樹脂のデッキ材になると、ノコギリでは歯が立たない場合もあるので、

お薦めは、天然木か300角のジョイント式のウッドデッキですね。



garden1002_2018_2.jpg
【シッケンズという木材保護剤を塗ってます】


garden1002_2018_3.jpg
【2009年から敷いているウリン、イイ色になってます!】


garden1002_2018_10.jpg




今回、捨てるものを分別した後は、

ウッドデッキに保護剤を塗り、年1回のメンテナンスしました。

中腰の作業はアラフィフには大変ツライ。

おばちゃんの細腕で、いつまで頑張れるか分かりませんが、

できるだけ長く、ガーデニングライフを楽しみたいなと思います。

ブログのタイトルも、そのうち、「50代から始めるベランダガーデン」とか

変更してそう。(笑)







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する