雨樋プランターの植え替え

プランターの植物は定期的に植え替えましょう!

昨年は雨樋プランターのアイビーの生育が芳しくなく、

プランターの中で弱って枯れてしまうものが多かったです。

同じプランンターで5~6年も育て続けると根が張りすぎて

根腐れしてしまうそうです。

定期的に土をかえ、根をカットして、新しい根を出してあげないと

植物も栄養失調になってしまうようですね。

アイビーたちのSOSにぎりぎり気づけてよかった・・。


green0415_2017_14.jpg

プランターの土を入れ替えるために

アイビーを抜こうとしたところ・・・、根が回りすぎて

土ごとぼこっと取れました。

プランターの中は根っこだらけ。

これでは呼吸もつらかっただろう・・と反省です。


新しい土にかえ、アイビーの根もカットして整理して

植え替えました。

しばらくすると瑞々しい新葉がたくさんでてきました!

よかった!

緑色が多かったプランターに斑入りの多肉植物を

混ぜてあげました。

ちょっと柔らかい印象になるとうれしいなぁ。







今日のベランダガーデン

green0415_2017_2.jpg
【ハンギングのセダム系の多肉たち】

green0415_2017_3.jpg
【もう少しすると先端に黄色い花が咲きます!】

green0415_2017_4.jpg
【斑入りのセダムにはアイボリーのカワイイ花が咲きます!】

green0415_2017_8.jpg
【春になって先端がニョキニョキと伸びてきました】

green0415_2017_5.jpg
【ハンギング3兄弟】

green0415_2017_6.jpg
【小さいガラス瓶にギュッと詰め込んでもカワイイ】

green0415_2017_7.jpg






green0415_2017_10.jpg
【新葉が出てきて、代わりに古い葉がドンドン落ちていきます】
【掃除が大変です・笑】


green0415_2017_11.jpg
【風にゆれる多肉 コチラも先端に黄色い花が咲く予定!】


green0415_2017_12.jpg
【シロタエギクとシマトネリコ】

このシマトネは2代目です。

以前もシマトネにチャレンジしたのですが枯れてしまいました。

なぜうまく育たないのか・・・?


仕事では「丈夫な常緑樹ですよ!」と言って、

施主様宅の庭に植えさせていただいているのに、

自分の家の鉢では枯らしてしまってます・・。(苦笑)


苗が弱いのか、鉢植えがまずいのか・・。

せめて10号鉢サイズまで育ってほしいな。



green0415_2017_13.jpg
【ミントとネギ  どちらもリサイクル品!】

摘んできたミントを寒い時期に植え替えたのですが、

寒さで全滅寸前になりました。

写真の苗だけが生き残り、春になって元気になってきました。

ミントテロの異名に期待です!





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する