大利町モデルハウスが竣工しました!

建物が密集しているエリアでの

「大人な家」モデルハウスが竣工しました。



隣家がピッタリとせまった立地で、

いかに採光を確保するかがポイントとなりました。


隣家の窓位置、庭や車庫の寸法などをチェックし、

少しでも光が入るように検討を重ねました。





gennba_ootoshi0208_2017_1.jpg

【光を取り入れる工夫】

①一番光の入る道路側に吹抜を設け、大きな窓を配置。

②ハイサイドライトにして、光を取り込む。

③内装材の色は明るめにして、光が室内で反射するように。


gennba_ootoshi0208_2017_5.jpg


和室の窓も、隣家の庭に面するように少しずらしました

ちょっとした工夫で、かなり明るい和室となりました。


gennba_ootoshi0208_2017_2.jpg





ゆったりとした主寝室、たっぷりの収納スペース!

「大人な家」シリーズの主寝室には約束ごとがあります。

①無垢の床材を貼る

②エコカラットを貼る


gennba_ootoshi0208_2017_4.jpg


家族と長い時間を過ごすLDKに一番コストをかけるのは、

いまや常識となりました。



「大人な家」シリーズでは、それにプラスして、

一家の大黒柱がゆっくり疲れをとる寝室にも

体に優しい素材を使うというポリシーがあります。



湿度を調節してくれる無垢材は、24時間換気などで

乾燥しがちな室内でよい仕事をしてくれます。

また、新築独特の匂いなどを吸着してくれるエコカラットも

お勧めです。



今回は、パイン無垢材とエコカラットを貼り、

さらに、建具もパイン無垢材を採用しています。

ルーバータイプのクロゼット扉は、

内部の湿気がこもらないのでお勧めです。




gennba_ootoshi0208_2017_3.jpg


2階のホールの一角にあるフリースペースです。

本棚を設けており、書斎としても利用していただけます。




gennba_ootoshi0205_2017_6.jpg



今回のモデルハウスのテーマカラーは「黄色」です。

ちょっとしたアクセントに黄色を使っています。

営業の方には 「西に黄色で、お金が貯まる家です!」

とセールストークしてくださいねと・・。(笑)



フリースペースの壁紙も黄色。

1階の対面キッチンのアクセントタイルも黄色です。

このキッチンタイルは、最近のお気に入りです。

5種類ほどのバリエーションがあり、

リフォームや新築の現場で、何度かご提案させて頂きましたが、

なかなか好評です!

リクシルの「オルディ」という商品です。



今回のように、密集地で採光も一工夫が要りそうな土地の場合、

「どんな家が建つのかしら?」と、

参考プランがあったとしても、

更地の状態で土地を購入される方は少ないです。

そこで、デベロッパーの社長とご相談して、

モデルを建てることにしました。

4LDK+フリールームの間取りが確保され、

実際の採光状態も見て頂くのが一番説得力がありますから。

担当者皆で、この土地での「一番ベスト」の

ご提案をさせていただけたと思います!


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する