10月のお菓子教室は「フランボワーズのミルフィーユ」

ベターホームの10月のお菓子教室は

「フランボワーズのミルフィーユ」。

サクサクのパイ生地の間に、カスタードクリームを挟み込み、

フランボワーズ(ラズベリー)を飾り付けたお菓子です。

sweets1015_2016_1.jpg
【出典:ベターホームのサイト】




ご存じのようにパイ生地を作る時には、

大量のバターを使います。

サクサクの食感を出すためには、バターを手の熱で

溶かさないように作業をすすめなくてはなりません。

冷房をガンガンに効かせて、

寒いくらいの室温での作業でした。(笑)




パイ生地の間に挟むカスタードクリームは、

卵・牛乳・砂糖・薄力粉・バターで簡単に作れるんですよ。

材料を混ぜて、加熱するだけなので、

私も子どもの頃、よく作って食べてました。。




カスタードクリームの作り方


分量の卵黄と砂糖と薄力粉をよ~く混ぜます。

沸騰直前まで温めた牛乳を加え、また、よ~く混ぜます。

これを裏ごしして、火にかけて、またまた、混ぜます。

薄力粉が入っているので、だんだんクリーム状になってきます。

2分程煮たら、仕上げにバターと少量のリキュールを加えて出来上がり!

5分もあれば出来てしまいます!



トロトロではなく、「少し硬いかな?」くらいがちょうど良いみたいです。

トロトロすぎるとパイの上に絞り出した時に、

垂れてしまうからです!

今回、私のクリームは少し柔らかすぎたので、

飾り付けで少し垂れてしまいました!!


5分位でできるので、パンケーキにトッピングしたり、

パンに塗って食べても美味しそうです。

ただ、カスタードクリームは日持ちしないので、

少量を作って食べきりにしたほうがよさそうです。





【ベターホームのレシピ】
卵黄 1個
砂糖 20g
薄力粉 10g
牛乳 100ml
バター(食塩無し)  5g
リキュール  大さじ1/4
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する