「シルバーリーフと銅葉」のガーデン


白い壁に映える銅葉の植物

korujirine1.jpg


ベランダガーデンにチャレンジしようと思ったとき、

一応、設計士なので、コンセプトというか全体計画を考えました。



■色彩はシックな感じにしたい!⇒こげ茶&スモーキーホワイトに決定

■素材感のある材料を使いたい⇒ウリン材、タイル、ブリキなど

■ごちゃごちゃしないスッキリとしたガーデンを目指す!

■お友達が集まったときに、皆で座れるL型ベンチを作りたい。



その中でも、色のイメージは重要だぞ・・と

植物の種類もいろいろ調べました。

「銅葉」という言葉を知ったのもこの頃です。

ネットで見て、「なんて美しい色なんだろう・・」と。


korujirine3.jpg

korujirine2.jpg

お庭に是非取り入れてみたいと、「コルジリネ」を通販しました。

お互いを引き立てるよう「補色の関係」を意識して、

化粧玉砂利はホワイト、植木鉢はブリキにしました。




その他の銅葉の植物として、「アキランサス」

一年草なので、冬に枯れてしまうのが残念でしたが。

しばらくは、美しい葉色を楽しめました。

green1014_2011_1.jpg
【アキランサス】



green0410_2012_1.jpg
【ドラセナ】



上の写真の「ドラセナ」は、朱と緑の葉色に惹かれて、

ダイソーで購入しました。

植えた場所が悪く、今は全滅。。。。(泣)

陽当たりや水遣りの方法に問題があったようです。

上手に育てると大きくなり、インテリアグリーンとしても

素敵な姿になるようなんですが・・。

小さなグリーンを育てていくのは難しいですね。

初心者はある程度まで(中程度くらい?)育った鉢植えを

買ってくる方がいいのかもしれませんね。





銅葉と相性抜群の「シルバーリーフ 」


green0505_2016_6.jpg 


ベランダガーデンの最初の構想とおり

ウリン材で、ベンチやフェンスをDIYしました。

ウリンの濃い色のフェンス前には、

「シルバーリーフ」が似合うかなぁと

いくつかの種類のリーフを通販しました。



green13_0923_20119.jpg
【シロタエギク】


green12_0923_2011.jpg
【ユーカリ】

green11_0923_2011.jpg
【ラムズイヤー】



green0615_2012_1.jpg


ラムズイヤーは、なんとか花を咲かせることができました。

でも、株が弱ったのか、今はお亡くなりに・・・。

ユーカリも、なかなかうまく育たず・・無念・・。

現在も元気なのは、シロタエギクのみです。

シルバーリーフって、そんなに弱い種類とは思いませんが、

水の遣りすぎとか、風通しとか、注意しないといけないようです。

ほったらかしでも元気なアイビーやワイヤープランツ、

ツルニチニチソウなどとは違うようです。

ちょっぴり繊細なんでしょうか・・。


これからも、シルバーリーフ&銅葉の素敵なガーデンを目指して

いろんなグリーンにチャレンジしたいと思います。

育てやすいグリーンをご存じの方、是非、教えてください!!





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する