9月のお菓子教室は「オペラ」。

sweets0911_2016.jpg
【出典:ベターホームのHPより】



9月のお菓子教室では「オペラ」を習ってきました!

パリのオペラ座の近所のパティシエが考案したとか、

幾重にも重なる層がオペラ座の客席のようだとか、

名前の由来はいろいろあるそうです。

「ほろ苦いコーヒークリームとアーモンドのしっとりした生地が

口の中で広がる、コクのあるお菓子です。」
・・だそうです。

表面に掛かっているグラサージュ・ショコラと金粉が

高級感を醸し出していますね!



アーモンドプードルを混ぜ込んで焼いたスポンジを

4等分して、たっぷりとコーヒーシロップを浸みこませます。

スポンジにバタークリームを塗り、重ねていきます。

仕上げにグラサージュ・ショコラ(ゼラチンを混ぜたココア液)を

流しかけ、金箔をトッピングして完成です。



アーモンドプードルを混ぜ込んだ生地は、

香ばしくてとても美味しいですね。

フィナンシェなど、アーモンドプードルを使ったお菓子、

わたし、大好きです!



今回は、生地が薄くて、取扱いが難しかったです。

先生曰く、「2、3人生地を割る人がいますから注意して~」。

緊張がはしりましたよ~。(笑)

バタークリームをパレットナイフで塗るのも一苦労でした。

パレットナイフが大きすぎるんですね~。

バターナイフ位ならよかったんですけど。(笑)

YOUTUBEのパティシエさんの華麗なるワザをみていると

簡単そうに見えるんですけどねぇ・・。

でも、このバタークリームの表面を滑らかにしておかないと

仕上げのショコラが凸凹になるんですよ!!




ドキドキの仕上げのグラサージュ・ショコラを

上から流しかける場面では、

重ねたスポンジ生地が微妙に傾いていたようで、

端っこからトロロロロ~ってすこし流れ落ちてしまいました!(汗っ)


今までのレッスンで一番難易度が高かった!!

けど、一番美味しかった!!(笑)

来月のレッスンも頑張ろうっと!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する