ウンベラータ、アイビー、シマトネリコの挿し木。


ウンベラータの挿し木

grenn0730_2016_3.jpg grenn0730_2016_2.jpg
左【挿し木した株】     右【剪定した株は新しい枝がドンドン出てきた!】


ウンベラータの剪定後、

「剪定した株」も「切り取って挿し木した株」も

元気に育っています。

葉がどんどん茂り、

重たい雰囲気になってきたので

少し枝を整理しました。






green0730_2016_10.jpg 

切り取った枝は、またまた挿し木に。

今度は水中で発根させてから、

土に植え替える方法にチャレンジします。

この方法の方が、発根確率が高いそうです。

ネット情報では、約3週間で根が出てくるようです。

上手くいきますように!




多肉植物の挿し穂はちょっとずつ成長

grenn0730_2016_6.jpg


卵ケースで挿し穂中の多肉植物は、

ちょっとずつ成長しています。

栄養を取っていた元葉が枯れてきたので、

これからは、きちんと水と肥料を与えてあげないといけないですね。






シマトネリコの挿し木

grenn0730_2016_4.jpg


シマトネリコもワサワサになってきました。

先端の元気な部分をカットし、

植木鉢に挿しておきました。

シマトネリコは、育てやすいと言われているのですが

我が家では、なかなかうまく育ちません。

既に2株を枯らしています。。。

現在の下部は大事に成長を見守っているのですが、

もしもに備えて、挿し木にチャレンジです!

上手く根がでてくれるかな。。





アイビーの挿し木

grenn0730_2016_1.jpg
【窓際に挿し木がずらり・・】


雨樋プランターのアイビーの様子がいまひとつ。

5年経過して、根詰まりを起こしている気配もあります。

新しい株に更新するために、

せっせと挿し穂を作ってます。



これまでの経験では、

①室内の直射日光の当たらない窓際

②こまめに取り替えた清潔な水

で育てると発根しやすいように感じます。

溜まり水に挿しっ放しだと腐ってきますね。

清潔な水は必須条件だと思います。




朝顔がどんどん発芽してきました

grenn0730_2016_5.jpg

朝顔がたくさん発芽して、

プランンターの中が満員になってきました。

少し間引きして、もう少し伸びたら

針金で誘引して、トレリスに這わせる予定です。

今年は、何色の花が咲くでしょうか。。

朝顔は毎年咲いてくれるので、

すごく楽しみです!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する