多肉の葉挿しには玉子ケースが便利!

多肉の葉挿しが少しずつ成長してます。

最近、多肉の培養ケースとして

玉子ケースをリサイクルしています。



玉子ケースを半分にして、

千枚通しで底の部分に穴を開けて、

バーミュキュライトを入れます。

芽が出てきた小さな株を移しています。


同じ種類の株を分類しやすいし、

玉子ケースなら深く根をはることもないので、

植え替えの時にも便利かなと思います。


お友達に分けてあげる時も、

ハサミでジョキジョキ切れば、

即席植木鉢にもなりますしね!



green0715_2016_5.jpg green0715_2016_4.jpg


以前は大き目の発砲スチロール箱に

大雑把に並べていましたが、

茶色系の多肉が土色と同化して、

時々行方不明に。。(笑)




【発砲スチロール箱で育成中】
green0701_2016_12.jpg 
写真左下部分の株なんかは、

土と茶色く同化して、老眼ぎみの私には

見分けにくかったんです。

うっかりと葉の上に葉を重ねちゃったりね。






アイビーが枯れてきた

green0715_2016_8.jpg green0715_2016_6.jpg 

green0715_2016_7.jpg  green0705_2016_4.jpg

最近、一部のアイビーが茶色くシナシナになってきました。

原因不明です。

①虫の被害ではない
②水切れではない。
③水の遣りすぎかも・・。
④病気? 


最初はシナシナになった枝だけをカットしていたのですが、

切っても切っても、先端から萎びてくるので、

根っこから掘り起こして処分しました。

病気だといやだな~。




green0606_2016_7.jpg


元気なアイビーの先端を切って、

挿し穂をせっせとつくってます。

梅雨の間に植え替えたいなと思ってます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する