7月のお菓子教室は「フィグ・オ・ノア と ガレット」。

sweets0713_2016.jpg

フィグ゙・オ・ノアとは、

フランス語で「いちぢくとクルミ」という意味だそうです。

1つの生地から、フィグ・オ・ノアのタルト生地と

ガレットの2種類を作りました。

フィグ・オ・ノアは、タルト生地にアーモンドクリームを流し、

ドライいちじくとピーカンナッツを散らして焼きます。

ガレットは、サクッとした食感がおいしいクッキー。

格子の模様は、フォークを使ってつけるんですよ。

【以上ベターホームのHPより抜粋】





前回に続き、サクサクのタルト生地をつくりました。

一人100g程のバターを使うため、

バターが溶けないよう教室のクーラーはMAX!(寒~・笑)

そして、大量のバターを使うのに、できあがるのは

直径12cmのタルトと6個のクッキーのみ。

この小さなお菓子の中に、

大量のバターが入っているんです・・。


しっとり口当たりの良いタルト。

食感も香りも最高ですが、カロリーも最高!!(笑)

またまた先生から注意喚起がありました!

「カロリー高いから一人で食べないでね!」





デザートにタルトを切り分けながら、

「この一切れでバター20gやで~」

・・と笑ながら頂きました。

アーモンドクリームの中にイチヂクとクルミを刻んだものが

入っていて、とても美味しい!

ナッツとドライフルーツ好きの私には堪りません。

ですが、あまりに高カロリーなので、

残りは冷凍して、ちょっとずついただくことにします。











人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する