窓際にプランターハンガーを作りました!


書斎の窓際にプランターを並べたい
書斎の窓際にもグリーンが欲しいなぁと思ってました。

でも、書斎の窓は腰窓なのでグリーンを眺めるには棚が要る・・。

マンションの大規模修繕も近づいているので、

片付けが大変そうな棚などは買い足したくないのが本音。

いざとなったら捨てても惜しくはないものでDIYすることにしました!

軽くて分解できるものにしようと廃材をチェック、チェック!





廃材をリサイクルしました
【材料】

〇坪庭の「木製ルーバー」の余り木材※1

〇以前「シェードポール」に使っていた部品※2
  
  蝶ナットとナット M6 
  寸切りボルト M6 500mm 2本
  寸切りボルトに被せるアルミパイプ φ7 



※1「木製ルーバー(下写真)」を作った時の余り木材⇒その時の記事
green0405_2013_1.jpg

shadepole0220_2012_4.jpg
※2「シェードポール(上写真)」と手摺を緊結していた部品⇒その時の記事
※現在は自転車用ゴムひもでポールを固定⇒その時の記事






簡単にできたプランターハンガー

①余り材(20*20*900mm)6本に寸切りボルトが通る穴φ6を開ける

②寸切りボルトを通して、2本1組をナットで挟む 

③アルミパイプを被せる 以上




今回、500mmの寸切りボルトを2本連結させるために

「高ナット」を使いました。

「高ナット」ってこんなの。 厚みのあるナットのことです。

左右からボルトを差し込み緊結します。 

nat0322_2016.jpg 【東急ハンズのサイトへ】

東急ハンズネットで取り寄せ注文して、梅田店舗で受け取りました。

送料がかからないので172円ですみました!

「hands.net」おすすめです!




0321_2016_5.jpg
脚3本のうち、端っこは室外機の裏に。

脚の開き角度で高さを調整します。


0321_2016_6.jpg
脚の開きをナットで締め付けて固定。

0321_2016_8.jpg
ボルトの上にアルミパイプをカバーのように被せてます。

0321_2016_9.jpg

0321_2016_10.jpg
トマト缶で作った植木鉢を掛けてみました。

green0322_2016_2.jpg

ガラス鉢の多肉植物を引っ掛けてみた。

 green0322_2016_3.jpg
書斎側から眺めたところ。

手摺のルーバーにもグリーンハンギングしたいな!




green0322_2016_1.jpg

一応このゾーンのコンセプトは「ジャンクなキッチンガーデン」。

ピカピカの植木鉢より、錆の出たジャンク風の植木鉢のほうが合ってる?

フックは100均で買ったアンティーク風のもの。

ちょっと錆びついてますし、材料の木は放置していたので色が煤けてますね。

この状態をあえて「アンティーク風」と呼んでいいのか・・?(笑)

ぼちぼち、考えていこう!










人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪


にほんブログ村



****************************
女性建築士による新築・リフォームのご相談受付中

エムズ・アーキテクト・デザインでは、
心地よい暮らしづくりをお手伝いしています。
間取り、収納計画、インテリア、お庭、ベランダガーデン 
お家に関わることはなんでもお気軽にご相談ください。
アットホームな雰囲気のアトリエ事務所です。
****************************









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する