トキワシノブが屋外で元気になってきた。

3年程前に買ってきたトキワシノブ。

ずっと、鉢植えのまま室内で育てていますが、最近元気がありません。

最初は、びっしり葉をつけていたのに、

だんだん葉数も減り、やせてきたような印象です。


green1009_2015_2.jpg

トキワシノブは、半日陰で湿度を好むようなので、秋になってから、

日陰の屋外へ置いてみると、少し元気を取り戻してきた感じです。

お水と液肥もたっぷりあげています。 

やっぱり、風がある屋外のほうがいいのかしら?



green1009_2015_3.jpg

2年ほど前、外部のプランターに株分けしたトキワシノブ。(上写真)

外でも育つのか、越冬できるのか、実験的に株分けしたものです。

一年目は、ほとんど新葉をつけず、このまま枯れてしまうのかと

心配しましたが、今年は目に見えて、成長してくれています。

外でも頑張ってくれそうなので、今回も3枝ほど株分けしました。

雑木の寄せ植え風プランターを目指しています。




我が家は、「ケチケチガーデニング」なので、

挿し木や株分けをすることが多いのですが、

ちょっと分かってきたコトがあります。


○挿し木や株分けの1年目はあまり大きくならない

○1年目、そのままの状態をキープしている感じ

○2年目、春から秋にかけて、少しずつ大きくなってくるのを実感



植物も新しい環境に慣れるまで、時間がかかるようです。

焦らず、急がずが大切なんですね。





人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪




****************************
女性建築士による新築・リフォームのご相談受付中 

エムズ・アーキテクト・デザインでは、
心地よい暮らしづくりをお手伝いしています。
間取り、収納計画、インテリア、お庭、ベランダガーデン etc
お家に関わることはなんでもお気軽にご相談ください。
アットホームな雰囲気のアトリエ事務所です。
****************************




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する