今日のベランダガーデン。 ベランダのプチリフォーム。



メンテしやすい坪庭にプチリフォーム

tuboniwa0610_3.jpg
tuboniwa0612.jpg
(上写真 以前の坪庭)


坪庭をメンテナンスしやすいようにプチリフォームしました。

タイルとタイルの間に敷いていた桟木や手作りスノコが、

だいぶ煤けてきたので撤去。


green0129_2016_5.jpg
(上写真 プチリフォーム後)



○タイルとタイルの間には細割ボーダータイルを配置

○スノコの代わりにウリン材に変更




杉の荒材でつくったスノコは、着色しているので、

メンテの度に黒い塗料を塗るのが面倒になりました。

スノコ状なので、表面積も多いですしね。(笑)

取り替えたウリン材は経年変化で暗褐色になる木なので、

ニスだけのメンテで良く、一年くらいサボっても気になりません。




300角タイルの間には細割ボーダータイルをアクセントに

敷いてみました。

サンプル品でいろんな色があったので、適当に混ぜてみましたが、

結構面白い表情が出ました! 気に入ってます。


tsuboniwa0421_2015_2.jpg







ガーデンファニチャーを歩きやすいレイアウトに変更

リビング前のベランダもプチリフォームしました。

ウリンで作った目隠しフェンス部分です。

後ろに避難ハッチがあるので、

できるだけ避難スペースを確保して設置してました。

そのため奥のバルコニーへ行くときには、

フェンスをまたがなくてはなりませんでした。


tsuboniwa0421_2015_3.jpg
(上写真 フェンスをタイル1枚分(30cm)奥へ移動した)
(プチリフォーム その後の記事はコチラ)


「フェンスまたぎ」も元気なうちは、なかなかのエクソサイズなんですが、

そろそろ足腰が危険なお年頃になってきましたのでね、『改善』です!

フェンスを少し奥に移動して、通路を確保しました。

30cmの通路幅ですがフェンスが低いので

これで十分行き来できます。




フェンスを30cm移動させた分、床のタイルが不足したので、

TOTOのバルコニー用タイル「バーセア」を追加しました。

この「バーセア」のMRシリーズ、私のお気に入りだったのに、

5月くらいで廃盤になるそうです。 残念!

今回、必要だったのは4枚だったのですが、今後のことも考えて、

箱買いしておきました。




今回の改造で、いろんな部品が廃盤になっていたり、

以前、通販したお店がなくなっていたりしていてビックリでした。

DIYを楽しむときは、5年後くらいのメンテや改変なども考慮しながら、

デザインや材料を選んでおかないといけないな・・・と勉強になりました。






人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪




****************************
女性建築士による新築・リフォームのご相談受付中

エムズ・アーキテクト・デザインでは、
心地よい暮らしづくりをお手伝いしています。
間取り、収納計画、インテリア、お庭、ベランダガーデン 
お家に関わることはなんでもお気軽にご相談ください。
アットホームな雰囲気のアトリエ事務所です。
****************************


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する