私が無垢材をすすめる理由。


リビングの床材はメンテナンスできる素材を選ぼう

我が家(分譲マンション)の安物の複合フローリングは、

10年経過した頃から表面材がパリパリと割れるようになりました。

ダイニングの椅子の周辺は、特にひどいです。

状況をまとめるとこんな感じです。




○LDKのある一部分が劣化しやすい
 (ダイニングチェアの下、キッチンなど)
 (複合フロアだと表面材が剥がれることも・・)

○濃い色のフローリングだと劣化部分が目立つ
 (表面材が剥がれると、下地のべニアがみえる・・)

○床材の「部分貼り替え」はお金がかかるし、綺麗に仕上がらない場合も・・。
 
(既製品では、厚み・色・幅が既存の床と合わない場合あり)

○10年前の商品はほぼ廃盤。 現在の商品で全く同じ色柄・規格のものはない

○実加工してあるので、部分貼り替えには技術がいる





我が家は「あと10年は我慢・・」という結論に達しクレヨン補修してます。

最初に多少割高でも「良いモノ」を選ぶと、後々のメンテにかかる費用は

安く済む場合がありますので、モノ選びは慎重に行いたいですね。

以下のポイントから、わたしは無垢材をお勧めしています。




○特殊な樹種でなければ、無垢材は「在庫なし」にはならない
 
○必要なサイズ(厚みや幅)に加工できるので部分補修もしやすい

○傷だらけになっても「表面をプレーナー処理」で新品同様になる
 (実際にリフォームすると見違えるようです)

○調湿性がありカラダにやさしい



gennba_living0423_2013_1.jpg





人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪




****************************
女性建築士による新築・リフォームのご相談受付中

エムズ・アーキテクト・デザインでは、
心地よい暮らしづくりをお手伝いしています。
間取り、収納計画、インテリア、お庭、ベランダガーデン 
お家に関わることはなんでもお気軽にご相談ください。
アットホームな雰囲気のアトリエ事務所です。
****************************


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する