風の通り道。

今朝も新しい朝顔が咲いてました。

そして、ここ数年、花を咲かせていなかったクレマチスに

小さな蕾が1つ付いてました。

ちゃんと剪定していないのに・・ちょっと嬉しい。 

放任主義でも、花は咲くものですね!(笑)


green0709_2014.jpg


空梅雨かと思いきや、最近は梅雨空が続いていますね。

昨日はさすがに蒸し暑く、とうとうエアコンのスイッチを押してしまいました。






家の設計をするときには、自然の風通しには気をつかいます。

省エネ意識はもちろんですが、自然の風は気持ちよいですから。

それに、エアコンの利用は、締め切った室内だけになりがちで、

洗面所や廊下、玄関などの除湿は難しいのではないでしょうか。

快適な部屋を出たとたん「むわっ」とする経験ありますよね。




私が設計するときには、ユニットバスや洗面所、そこに続く廊下の窓などは、

可能な限り一直線上に配置し、風が抜けやすいようにしています。

そうしておくと、換気扇を回した時も換気がスムーズになります。

ところが、先日、男性の設計士の方とプランの打ち合わせをしていたところ、

どうも窓の配置に違和感を感じました。

窓が風の通りを意識していないようなので、ちょっと意見交換。



A氏:「風の通りは分かるけど、こっちのデザインの方がいいよ~。」

   「窓なんて普段開けるの~?」っておしゃるのです。

私 :「アナタのお留守の日中に、奥様が窓を開けていると思いますよ。」

A氏:「そうですか・・。 窓位置、変更しましょう。」 ということで、一件落着。




デザインも大切ですが、採光採風などの基本はもっと大切ですね!






人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています♪




****************************
女性建築士による新築・リフォームのご相談受付中

エムズ・アーキテクト・デザインでは、
心地よい暮らしづくりをお手伝いしています。
間取り、収納計画、インテリア、お庭、ベランダガーデン 
お家に関わることはなんでもお気軽にご相談ください。
アットホームな雰囲気のアトリエ事務所です。
****************************


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する