「伝え方が9割」

コピーライターの佐々木圭一さんのご著書「伝え方が9割」をよんでみました。今日から使えそう!伝え方が9割お客様にプランやコンセプトをお話するとき。取引先の会社での作戦会議のとき。現場で業者さん方と納まりの打合わせするとき。こちらの意図が相手に上手く伝わってるかな?と微妙に不安なときがあります。初めてお家を建てる若いご夫婦は不安と期待でいっぱいいっぱいだし。作戦会議に出てくるオジサマ方は海千山千の方々...

続きを読む

読書。

昨日は暑かったですね。帽子をかぶり日傘を差して真夏のような格好で出かけたのに、図書館まで歩いただけで熱中症になるかと思いました。今回は池井戸潤さんの本を2冊読んでみました。「下町ロケット」と「空飛ぶタイヤ」。どちらも面白く池井戸イズムあふれる作品でした。空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)新品価格¥1,234から(2014/6/2 09:33時点)下町ロケット新品価格¥1,836から(2014/6/2 09:34時点)特に、下町ロケットは...

続きを読む

今日の1冊。

読書の秋。東野圭吾さんのナミヤ雑貨店の奇跡を読んでみました。 あっという間に読めて、結構面白かったです。ファンタジー・・・なのかな?ナミヤ雑貨店の奇蹟新品価格¥1,680から(2013/10/26 21:08時点)ネタバレになりますが、人の悩み相談に気の利いたコメントをするのは、大変です。。。感想文、以下省略。。。(笑)...

続きを読む

美術館に行きたくなる本。

お友達が貸してくれた「楽園のカンヴァス」をよんでみました。後半、筋書きがちょっと読めてしまう感もありましたが、私は絵や美術が結構好きなので、楽しく読めました。楽園のカンヴァス新品価格¥1,680から(2013/8/31 11:20時点)作者がキュレーターをされていたことがあるそうで、美術館の内部事情や絵に関する知識がてんこもりでした。作中に、ピカソやマネやモネやルノアールなど、聞いたことがある名前がいっぱい出てくるんで...

続きを読む

読書。

最近読んで面白かった本です。1冊は佐藤可士和さんのご本。最近、テレビでよくお見かけする佐藤可士和さん。いろんな媒体で仕事について語っておられて、「超一流クリエーターの仕事ぶり」には興味がありました。先日テレビの特集番組を拝見しましたが、「なるほど~」 「そうだよね~」と共感できるところがイロイロありました。例えば!「打ち合わせでは、決定権を持っている人と話をする。」後々、打ち合わせ内容がブレない、...

続きを読む